濹堤通信社綺談

東都の外れ、隅田川のほとりから。平易かつ簡明、写真入りにて時たま駄文を発行いたします。

煮欲を高めよ

「暮らしが好き」なことは、前にも書いた。 mikoyann.hatenablog.com 僕個人の、言ってみれば「一人称単数の暮らし」は好きだし、出来る限りのことはやって、その上で楽しんでみせているつもりだ。 「二人称の暮らし」に興味がある……とすると、なにやら怪し…

一人で飲む酒のこと

日々、キッチンドランカーしている様子ばかりをTwitterにあげているので、人が見たら僕のことを相当に呑兵衛だと思うかもしれない。実際、愛すべき友から心配していただいたこともあるのだが、僕はと言えば自分ではあまりそういうふうには思っていない。 「…

果物を食べる

果物を食べるというのは、まあ贅沢な行為だと思う。 端的に言えば、値段が高い。経験上、果物の味というのは間違いなく値段に対して正比例する。高ければ高いほど美味いのだ。嘘だと思うんなら、スーパーに行ってバナナ売り場に行ってみればいい。そこにはい…

午前5時の小宇宙、松屋で朝定食を食え

土曜の夜、高校来の親友と酒を飲んでいた。 4月に都条例が改正されて屋内全面禁煙になったあと、なんやかんやで初めて「飲み屋」というところに行った。すると、路地に面した店なんかは外にテーブルを出している。ここなら煙草が吸えますよ、ということらし…

梅雨が来て、夏が来る

愛媛県の宇和海沿岸で栽培されているミカンは、「3つの太陽」の恩恵をたっぷりと受けているという。 1つ目の太陽は、当然空に輝くあの太陽。宇和海沿岸はリアス海岸のため、斜面が多い。燦然と降り注ぐ直射日光を、段々畑で効率よく受け止めることができる。…

競馬場でビールが飲みたい

競馬場に行きたい。 5月も終わりを迎え、そろそろ梅雨の足音が聞こえてきているどころか、その先の夏の気配さえ感じてきている。食材の管理や新調したゲーミングPCの排熱など憂鬱なことは多々あるが、ビールが美味しくなるのは喜ばしい。 いや、ビールはいつ…

脳みそで飯を食うのだ

またしても、で恐縮ではあるところだけど、今回も飯の話だ。 正直なところ、まあ食い意地の張っている方だとは思ってはいたけれど、ここまでとは思わなかった。四六時中、飯のことばかり考えている気がする。いかに自分の原動力が食欲であることかを実感して…

ぼくが飯を作る理由

飯に飽きた。 別に、食べるのに飽きたというのではない。自慢ではないが、僕は食いしん坊な方だと思う。食べる、という行為に対してはかなり貪欲だし、できることならば美味しいものが食べたい。今だって食べたい。だいたい、いつだって食べたい。 当然、体…

僕はなぜ神谷奈緒とメヒコでフラミンゴを見ながらカニピラフが食べたいのか

神谷奈緒とメヒコでフラミンゴを見ながらカニピラフが食べたい。 と、いうようなことを僕は数年前から公言している。戯言、妄言の類いだと思っておられる方も多いかもしれない。神谷奈緒と、カニピラフ。メヒコで、フラミンゴ。これらの単語が即座に結びつく…

端っこと境目

「橋ハ端ッコ、坂ハ境ヒ目」という言葉が、塚原重義監督のアニメ『端ノ向フ』に出てくる。 橋にしろ坂にしろ、異なる2つの場所を繋ぐものである。その意味でまさしく「端っこ」であり「境目」というのは的を得ているだろう。 僕の実家というのは足立区のいわ…

春はたけのこ

仕事がない。いやまったく、困ったものである。 すべてはあの、忌々しいCOVID-19とやらのせいである。僕はいわゆる教育業界で飯を食っているため、その影響で今は仕事が一切ない。今後どうなるのかもわからない。考えたってしかたがないので、僕は早々に気持…

暮しの手帖

引っ越した、というのが去年の8月のことである。 このブログの前のエントリが2018年の9月。北海道で地震に遭遇して、東京までほうほうの体で帰ってきたときの話だから、いやまあずいぶんと放置したものである。 元来筆まめな方では全く無いし、放置している…

北海道から帰ってきた話

去る2018年9月6日、北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度7の大地震があった。北海道胆振東部地震である。 僕はこの地震に、旅行者の立場で遭遇した。もちろん被害の大きかった地域に住まわれている方とは比べ物にならないが、僕なりに大変な思いをして…

私家版:社会主義日本におけるエレクトリーチカ

Электричка(エレクトリーチカ)というのはロシア語で、日本語に訳す際はまあ「電車」と訳せばいいと思う。 ただし、電気で動く車といっても路面電車は含まない。もちろん無軌条電車(トロリーバス)も、電気自動車も含まない。日本語で何の前置きなく「電車」と…

地方自治体と体操と私

あなたは、「地方自治体の制作した体操」という世界を知っているか。 もしかしたら、あなたの払った住民税固定資産税酒税自動車税その他によって、「体操」が制作されているかも知れない。そう、あなたにとって「地方自治体の制作した体操」という世界は他人…

草むらのヒーローに会いに

「草ヒロ」という言葉がある。僕はその言葉について漠然と、「草むらに放置され錆び付いた廃車体」という理解をしていて、実際それは間違っていない。でも、なぜそういう廃車体を「草ヒロ」と呼ぶのか、はじめは疑問も感じたのだろうがいつしか何も感じなく…

俺は焚き火をした。お前は?

火を、燃やした。 もっとちゃんと正確に何をしたのか言うならば、男5人で真冬の西丹沢の山奥に行って焚き火をしつつ酒を飲んだりした、ということである。 かねてより、焚き火というものに対する憧れがあった。 youtubeで焚き火が燃えているだけの動画を3時…

富士そばで孤独を味わえ

富士そばへの愛を、語らなければならない。この間の記事で、高らかに宣言しちゃった手前もあるし。 僕はしょっちょう、富士そばで飯を食う。少なく見積もっても、平均で週2回は行く。週に5回富士そばだったこともある。理由としては大学の近くとか、バイト先…

ブロッコリーさんとぼく

ブロッコリーと、暮らしている。 「育てている」というほどに、丹精込めてはいない。ベランダに置いた植木鉢に、ブロッコリーの苗を植えた。毎日水をやった。そうしたらブロッコリーが勝手に育った。まあそんな塩梅である。 一緒に暮らしてはいるが、間違い…

立ち上がってそばを食え

立ち食いそばが好きだ。 世間一般の人様に比べても、だいぶ立ち食いそばが好きだという自信だってある。だからなんだ、というのは全くもってその通り。 しかし「何が好きなの」「どうして好きなの」と聞かれると途端に困る。立ち食いそばという食物が好きな…

ブログを作ったという話

ブログを作った。 いや、正確に言えば作り直した、もしくは作り替えた、だろうか。 理由としては一言で「気分」とも言ってしまえるのだけれど、突き詰めてみれば無いわけでもない。 まず、前のブログでは基本的に「ですます」の文章を書いていた。僕はTwitte…